研究開発体制 - CREA 未来社会創造事業

JST MIRAI 未来社会創造事業

大規模プロジェクト型:Society5.0の実現をもたらす革新的接着技術の開発

界面マルチスケール4次元解析による
革新的接着技術の構築

Innovative Adhesion Technology Based on 4-Dimensional Multi-Scale Analysis of Interface

研究開発体制 - CREA 未来社会創造事業

研究開発体制

Organization

 アカデミアを中心とした研究グループがオープンイノベーションで、界面における接着メカニズムの解明、 接着界面におけるその場(非破壊)解析法の確立、接着界面のスマート化等を産業界からの意見や要望を聞きながら推進する。 特に、マルチスケール解析グループと分子接着技術グループの密な連携を、 数理統計・マテリアルズインフォマティクスグループの支援の下、スパイラルに行うことで研究開発を進捗させる。

マルチスケール解析グループ

マルチスケール解析グループでは、各研究者の卓越した解析技術とともに、特定先端大型研究施設の分光器群を駆使することで、 大規模プロジェクトとしてのスケールメリットを最大限に生かす。また、具体的案件については、個別の共同研究開発をスタートさせる。

接着界面におけるマルチスケール解析の概念図

数理統計・マテリアルズインフォマティクスグループ

マルチスケール解析グループで得られる原子・官能基、ナノ、メゾの各階層における構造・物性および接着強度、 ならびに、その時間依存性の相関を数理統計およびMIの手法を用いて包括的に解釈し、接着機構を明らかにする。

数理統計・マテリアルズインフォマティクスグループ

分子接着技術グループ

接着現象の本質的理解に基づく接着剤の分子設計は、更なる耐熱化・高強度化へと繋がる。 また、しなやか・タフネス性や自己修復性界面は耐熱サイクルや振動外乱対策における新たな設計概念であり、 マルチマテリアル化を著しく加速させる。 易解体性界面の実現は、部材組立時の歩留まり向上や使用後部材のリサイクル化を促進する。 バイオベース接着剤の開発は、エネルギーアクセスや環境問題に直結する。

種々の戦略による分子接着界面の概念図

次世代接着社会実装戦略グループ

本プロジェクトで創出した学理に基づく次世代接着技術に関する知的財産を実用化する上で、社会実装と経済価値の最大化を両立するバリューシステムを提案する。

次世代接着社会実装戦略グループ


ページの先頭へ戻る