吉澤 一成 グループ - CREA 未来社会創造事業

JST MIRAI 未来社会創造事業

大規模プロジェクト型:Society5.0の実現をもたらす革新的接着技術の開発

界面マルチスケール4次元解析による
革新的接着技術の構築

Innovative Adhesion Technology Based on 4-Dimensional Multi-Scale Analysis of Interface

吉澤 一成 グループ - CREA 未来社会創造事業

研究開発体制

Organization

吉澤 一成 グループ

九州大学 先導物質化学研究所

教授

吉澤 一成

[研究開発テーマ]

第一原理計算による接着界面相互作用の研究

研究概要

接着強度を理論的に計算するための方法論を確立し、異種・同種材料間での接着機構の解明を行うことを目的とする。当グループで独自に開発中の密度汎関数計算を用いた計算手法を様々な材料と接着剤の組み合わせに展開し、接着現象の本質について分子論的に考察する。また、次世代スパコンを用いた大規模計算シミュレーションを駆使し、ミクロな領域での化学現象にとどまらず、材料の物性までも考慮した接着メカニズムの解明を行う。さらに得られた理論接着強度を実験・解析チームの実測データとマテリアルズインフォマティクスの手法を用いて融合することで、材料の構造と物性の相関を非経験的に明らかにし、最適な高分子設計や表面設計、破壊挙動の予測を目指す。

数理統計・マテリアルズインフォマティクスグループ

次世代接着社会実装戦略グループ


ページの先頭へ戻る