久池井 茂 グループ - CREA 未来社会創造事業

JST MIRAI 未来社会創造事業

大規模プロジェクト型:Society5.0の実現をもたらす革新的接着技術の開発

界面マルチスケール4次元解析による
革新的接着技術の構築

Innovative Adhesion Technology Based on 4-Dimensional Multi-Scale Analysis of Interface

久池井 茂 グループ - CREA 未来社会創造事業

研究開発体制

Organization

久池井 茂 グループ

北九州工業専門学校 生産デザイン工学科

教授

久池井 茂

[研究開発テーマ]

数理統計およびマテリアルズインフォマティクス手法を活用した構造解析

研究概要

階層型ニューラルネットワーク(NN)で、多入力・多出力の非線形な対応を機械学習させる。NNの中間層は入力情報を圧縮したもの、または特徴量を抽出したものと考えられるので、下層から上層への信号の流れや結合関係より、スケール間の中間的な物理状態や生成物質等を予測できる可能性がある。NNは学習時における中間層の役割や計算能力およびデータ数の少なさが問題であったが、計算機資源が豊富になり、オートエンコーダー(自己符号化器)の提案により中間層の解釈が可能になりつつある。データ数に関しては実際に当該グループで必要数を得ることが可能である。オートエンコーダーにより本質部分の抽出を自動化できたNNの中間層の結合において、影響の小さなものを切り捨て(デシメーションアルゴリズム)情報を整理する。残った中間層は反応中に何らかの影響を与えた因子や生成された物質等の情報に対応すると考えられるので、それを基に生成プロセスを解析する。本研究開発の遂行によって、各スケールをシームレスにつなぎ、マテリアルズインテグレーションに大きく貢献する。

数理統計・マテリアルズインフォマティクスグループ

次世代接着社会実装戦略グループ


ページの先頭へ戻る